会員向け お知らせ

緊急支援の情報提供 その1

  • 2018年07月8日

広島県臨床心理士会
学校支援委員会

広島県臨床心理士会のホームページに4年前のリーフレットがあります。学校に行かれる前にダウンロード印刷をして行かれることをお勧めします。教員・保護者への助言、心理教育等でお役立てください。
http://hsccp.jp/wp/

メンタルヘルスに役立つ情報(YouTube動画あり)
社会応援ネットワーク http://shakai-ouen.com/activity/saigai.html
広島県の避難所設置状況
http://www.bousai.pref.hiroshima.jp/?p=evacuation%2Fshelter&municipalityCd=340006

4年前の緊急支援より、マスコミ対応のポイント
◇現在学校長からマスコミ関係者にお願いしたこと(学校が避難所になっていた)
・取材可能時間は朝8時から夜8時まで
・タクシーでの乗り付けはやめてほしい
・被災者の了解をしっかりとってから取材してほしい
・取材をされて嫌だったという訴えもあるので再配慮してほしい
・むやみにマイクを向けないでほしい
◇スクールカウンセラーの立場からの意見
・避難所は少しでも安心して過ごせる場所であるべきため、マスコミの取材は避難所の中ではしないでほしい。避難所=生活の場
・実際、マイクを向けられて嫌だったと落ちつかなさを訴える被災者がいる。
・了解をとって取材しているかもしれないが、このような状況の中、特に子どもに判断をさせるのは難しいことだと考える。そのため、子どもへの取材はしないでほしい。避難所=生活の場
・了解を取って取材しても、その後で話したことを後悔したり、不安に思ったりする被災者はいる。このような状況下では起こりうること。
・ストレスが多い生活、また、長期化しさらにストレスがかかる生活になるためにマスコミ関係者に協力を願いたい。

又何かあれば情報提供いたします。加えてこれまで緊急支援のご経験の中から共有しておくと良い情報がありましたら情報をお寄せください。
よろしくお願いします。
学校に行く前に、ホッと一息、間をもって。
学校から自宅に戻っても、ホッと一息。
何かあれば遠慮なくご連絡ください。

〒732-0052
広島市東区光町1丁目11-5  チサンマンション広島1111号
© 2021 広島県臨床心理士会. All rights reserved.